職人のこだわり職人のこだわり
HOME > 職人のこだわり > 和知 秀幸
世界にひとつだけの
仕事だから全力で取り組む

和知 秀幸(左官職人)

調湿作用のあるぬり壁は、人と環境にやさしい家づくりを求める人たちの間で注目されている。スモリの家の内壁はぬり壁である。父の跡を継いで左官屋になって30年。作業を見ていたら、あれよあれよという間に部屋の壁一面がきれいに仕上げられていった。なんとも手早い。「経験を積めば誰でもちゃんと塗れるようになる。最終的にはセンスだね」。同じ仕様書を元に作業をしても、刷毛目や模様の付け方など、職人によって仕上がりはちがう。”白いぬり壁”と言葉では一括りに表現されても、同じものは決してないのだ。そこが手作業の魅力なのだと、楽しそうに話す。だからこそ、1棟1棟大事に仕上げているのだとも。

社長 須森 明 の想い

「たのしいおうちづくりの学校」は、私の3つめの夢の実現です。

社長イラスト