職人のこだわり職人のこだわり
HOME > 職人のこだわり > 石垣 多利松
燻し銀の技が冴える
匠の中の匠

石垣 多利松(大工)

ビス釘を1本打つにも、板の表面を少し削ってから打ち込む。そうすることで、ビス釘が抜けにくくなるのだという。施主様にいい家を渡したい。ひたすらそれだけを思って、手間をかけることを決して惜しまない、職人ならではの仕事ぶりである。反対したにも関わらず、息子が今、同じ現場に立つ。最初は複雑だったが、いつか二人で一棟の家を建ててみたいと、いつしかそう思うようになった。長年の現場経験で培われた技や姿勢も、息子のように若い職人たちに伝えていきたい。その想いは、間違いなく次の世代へと受け継がれていくことだろう。

社長 須森 明 の想い

スモリの家における責任は、すべて私が負う覚悟です。

社長イラスト