職人のこだわり職人のこだわり
HOME > 職人のこだわり > 日下 仁
家を化粧するタイル貼り
寸分の隙もなく仕上げる技師

日下 仁(タイル職人)

タイル貼りの仕事との縁は、草野球を通して知り合った職人さんに誘われてのことだそうだ。仕上がりの良し悪しがつねに目につく仕事なので、やり甲斐があるというという。図面を見ながらタイルの大小を合わせ割り付けを行う。焼き物なので、1~2ミリの誤差があるのはやむを得ない。そこをうまくカバーしながらぴったり仕上げていくのが醍醐味だ。
建主さんが見に来られて、「きれいに出来てますね」と声を掛けてもらえるときが最高に嬉しい瞬間である。いつかは自分でデザインした家を手がけてみたいと瞳を輝かせた。

社長 須森 明 の想い

ニュージーランドの議員が、地震に強い家を見学しにきました。

社長イラスト