職人のこだわり職人のこだわり
HOME > 職人のこだわり > 石垣 慶子
日焼け?そんなの気にしない
明るい笑顔が現場の潤滑油

石垣 慶子(大工)

学校の先輩が働く現場を見て、同じ職場を選んだ。女性でもできる仕事なんだと、新鮮な驚きを感じたという。しかし見るのと実際にやるのとでは、勝手がちがう。高いところはまだ苦手だし、ひとつひとつの作業を教えてもらうばかりの自分が歯がゆい。それでもやっぱり現場は楽しい。「ネガティブな性格が変わりました」。とびきりの笑顔。甘えたり躊躇する暇を与えない現場で、先輩に守られながらがっちり鍛えられたようだ。早くひと通りの作業が出来るようになりたいと、一瞬真顔になった。

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、たくさんの職人さんに守られて育ってきました。

社長イラスト