職人のこだわり職人のこだわり
HOME > 職人のこだわり > 高橋 清一
信頼を寄せられる熟練の匠
細かい手作業の仕上げは抜群

高橋 清一(大工)

この道40年以上の豊富な経験を持ち、これまでに数え切れないくらいの住宅を建ててきた。スモリの現場で、長年培った技を活かせるのが嬉しいと語る。曲線を利用したこだわりの仕様は腕の見せどころだ。もっとも気を遣うのは、和室の造作。床の間、欄間、天井と、納得のいくものができるまで、じっくり手間を惜しまずに仕上げる。数年前から親子で現場に立つ。家づくりの技を一からすべて伝えられたら、と願っている。

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、床下もリビングの温度も一定です

社長イラスト