社長 須森 明の想い
HOME > 社長 須森 明の想い > お客様が命がけでお支払いする家を、私は命がけで作ります
須森 明

お客様が命がけでお支払いする家を、私は命がけで作ります

お客様が家を建てる時、35年ローンなどを組み大きな覚悟を持ってお支払いにのぞみます。たとえ今就いている仕事が嫌だとしても、家のローンのために、家族のためにと一生懸命働いて、お金を稼いでくるのです。それなのに、ローンを払い終わった35年後に、その家の価値がなくなっていることが多すぎると、私は感じています。つまり外壁は劣化し、屋根は修繕が必要で、壁の中に結露ができるなど、家の寿命を短くする要因がたくさんある家が多いと感じているのです。私は、お客様が命がけで建てる家ならば、私も命をかけて家を作らなければならないと考えています。35年後も家の価値が下がらないよう、頑丈な構造で、燃えない・カビない健やかな家を作る。その想いを持ち続け、日々努力し、実現することが、お客様への「真の愛を追求する」ことだと確信しています。