マンガでわかるスモリの家水が入らない家
HOME > マンガでわかるスモリの家 > いつまでもいつまでも美しい住まい > 水が入らない家

水が入らない家

仙台市の沿岸部にある「エコノハ総合展示場」は、2011年3月の東日本大震災で津波の被害に遭いました。展示場にあったスモリの家も、2mの浸水に見舞われましたが、家の中に水が入ることはありませんでした。これまでスモリの家を建てたお施主様からも同様のお声をいただいたことから、スモリの家は浸水しても水が入らない、隙間のない家であることが分かりました。
(詳しくは右記の『いつまでもいつまでも美しい住まい』パンフレットP4のPDFをご覧ください)

社長 須森 明 の想い

子どもの頃の「家を建てたい」という気持ちが、最初の原動力です。

社長イラスト