バリアフリーバリアフリー
HOME > スモリのクオリティ > バリアフリー
quality_barrierfree_main

あかちゃんも高齢者も、誰もが生活しやすい家づくりを。

高齢者も障がいのある方も同じように生活できるよう工夫された家、それがバリアフリーの住宅です。スモリの家は、できる限り段差を減らし、廊下や開口部を広くとって、車いすや歩行器での移動に配慮しています。また、玄関や階段、廊下、トイレとお風呂には手すりをつけ、階段の勾配をゆるやかにしているので、足腰に心配のある方の移動も安心です。さらに、高気密・高断熱による温度のバリアフリーにも対応。お部屋はもちろんトイレやお風呂も、常に快適なあたたかさを保っています。バリアフリーを意識したさまざまな工夫が、転倒やヒートショックによる疾患など、家庭内事故を未然に防いでくれます。


室内の手すりを標準設置。

スモリの家では、室内の要所要所に手すりを標準設置し、誰もが困難なく歩けるよう配慮しています。手すりは、ゆるやかな勾配の階段、段差が小さく広々とした玄関、幅が広くゆったりした廊下、ひんやりしないあたたかなトイレやお風呂に設置しています。

quality_barrierfree_01

階段の勾配もゆるくて安心。

高齢者にとっては困難な階段も、歩きやすいよう配慮しています。勾配をゆるくした階段は、1段ごとの高さを20cm以下とし、踏面も広くとるなどしています。中折れ階段には踊り場があり、途中で立ち止まって休憩することもできるます。

quality_barrierfree_02

室内の温度もバリアフリー。

温度に差がある室内を行き来することで血圧が急激に変動し、体に悪影響を及ぼすヒートショック。脳梗塞や心筋梗塞などの原因になるヒートショックを避けるために、スモリの家はどの部屋も一定に温度が保たれるよう配慮。廊下も脱衣所もお風呂でも、寒さを感じることはありません。

quality_barrierfree_03

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 高断熱樹脂サッシ

  • 軟骨構造

  • ぬり壁の効果

  • 基礎

社長 須森 明 の想い

毎週火曜、営業社員が職人さんから家づくりの技を学んでいます。

社長イラスト