基礎基礎
HOME > スモリのクオリティ > 基礎
quality_betakiso_main

地面に接する面積が広いベタ基礎で堅牢性を確保。

家と地面を結ぶ根っこの部分、それが基礎構造です。基礎は長い年月に渡って建物を支える役割があるため、十分な堅牢性が求められます。スモリの家の基礎は、鉄筋とコンクリートを存分に使った頑丈なベタ基礎を標準採用。建物の荷重を面で支え、優れた安定性を発揮します。


quality_betakiso_01

およそ2倍の材料を使う頑丈なベタ基礎。

スモリの家の基礎は、土間コンクリートよりはるかに頑丈な「ベタ基礎」が標準。使用する鉄筋とコンクリートの量は、一般的な基礎の約2倍に及んでいます。束を排除し、ステンレス製アンカーボルトで基礎と構造体を一体化する極めて堅牢な基礎です。

一般的な基礎

一般的な構造図

スモリの家の基礎

一般的な構造図

一軒一軒異なる地盤の状態をしっかり調査。

長寿命な基礎を実現するために、まず、一軒一軒の地盤を「スウェーデン式サウンディング」という方式で調査し、場合によっては地盤改良を行ってから着工します。同時にシロアリを予防する「土壌防蟻処理」を全棟実施しています。

基礎もしっかり断熱&防蟻処理するのが基本。

関東以北の寒冷地仕様では、基礎を凍結などから守るために基礎断熱を行うのが基本です。基礎をしっかり断熱することで、床下のベタ基礎部分が熱を蓄え、冬でも床は冷たくなりません。まるで床暖房のように、靴下いらずの快適さです。また、隙間には防蟻気密シール剤を塗布し、シロアリを寄せ付けません。

quality_betakiso_04
quality_betakiso_05
Q

普通の地盤なら、ベタ基礎まではいらないのではないでしょうか?

A

確かに、ベタ基礎は軟弱地盤にも用いられる極めて頑丈な基礎です。しかし、家は基礎が何といっても重要です。基礎がしっかりしていれば、安心して長く住み続けることができます。自然を相手に“やりすぎ”ということはありません。

Q

床下換気口はいらないのですか?

A

かつては床下に換気口をつけるのが一般的でした。しかし基礎に穴をあけることで基礎の強度は大幅に低下し、30年もすると換気口からヒビが入る恐れがあります。スモリの家は換気口がないので、強度が損なわれません。また壁内換気構造を採用しているので、床下の換気も可能です。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 高断熱樹脂サッシ

  • 遮音性

  • 耐震実験

  • 土台

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、世界に通用する家づくりに挑戦します。

社長イラスト