集成材集成材
HOME > スモリのクオリティ > 集成材
quality_syuseizai_main

木の良さをそのままに、安定した品質を確保。

集成材は、ひき板や小角材を材料として、割れや反りなどのばらつきを取り除き、繊維方向を水平に揃えて集成接着した木材です。その構造基準は日本農林規格(JAS)で決められているので、高強度で耐久性に優れた均一な性能が安定して得られるという特徴があります。また集成材を含む木材は、熱伝導率が低く断熱性に優れているので、夏の暑さや冬の寒さにも耐える性質を持っています。湿度の高い梅雨時は水分を吸収してくれますから、日本の気候風土にも合った建材と言えるでしょう。スモリの家はこの集成材を、特に東北産にこだわって、質の高い木の家づくりに取り組んでいます。


含水率を15%以下に乾燥し、狂い、収縮を減少。

quality_syuseizai_01

木は50〜200%の水分を含んでいるため、乾燥が不十分だと強度低下、反り、割れが生じてしまいます。そのため集成材に用いる木材は、天然乾燥に加え、乾燥装置によって木の細胞膜中の水分まで放出させます。含水率を均一に15%以下まで落とし、反れ、割れを防ぎ、強度アップを図ります。


鉄・コンクリートより強く建物の軽量化が可能。

quality_syuseizai_02

木材、鉄、コンクリートの強度を比較すると、引っ張られる力に関しては、木材は鉄の4倍以上、コンクリ—トの200倍の強さがあります。また、圧縮される力に対して、木材は鉄の2倍以上、コンクリートの9倍以上あります。軽くて強い家づくりには、木材は最も適した材料のひとつと言えるでしょう。

quality_syuseizai_03

乾式加圧注入式防腐防蟻処理で
防腐防蟻対策も万全。

スモリの家は、1階外周の柱と、土台、大引に、乾式加圧注入式による防腐防蟻処理が施された集成材を使用しています。この処理は、表面に薬剤を塗っただけの防腐防蟻処理剤に比べて、ケタ違いの効果を発揮します。また乾式のため集成材の含水率が上がることもなく、長期間にわたり地震やシロアリからしっかりと家を守ることができます。

quality_dodai_01

土台・大引には最も効果の高い加圧注入処理の集成材を使用。

加圧注入処理とは、集成材を注薬管と呼ばれる釜に入れ、高い圧力をかけながら防腐防蟻の薬剤を集成材内部に深く浸透させる方法で、保存処理方法の中では最も効果が高いといわれています。加圧注入を施すと、集成材の表面から数cm内部まで薬剤が浸透するので、長期間の耐久性が期待できます。

quality_syuseizai_04

PICK UP SUMORI QUALITY

  • ルーフィング

  • ぬり壁の効果

  • 断熱材

社長 須森 明 の想い

毎週火曜、営業社員が職人さんから家づくりの技を学んでいます。

社長イラスト