ぬり壁の効果ぬり壁の効果
HOME > スモリのクオリティ > ぬり壁の効果
quality_nurikabe_main

「呼吸する壁」が、室内の環境を良好に保つ。

スモリの家の壁は、左官職人さんが手作業で丁寧に仕上げたぬり壁です。その見た目の素朴な風合いは大きな魅力ですが、さらにぬり壁には、健康に配慮した効果が期待されています。その1つが、ぬり壁が持つ調湿性能です。湿度が高い時には壁が湿気を吸収し、逆に低い時には壁から湿気を放出する作用があり、室内の湿度をコントロールするというものです。そしてぬり壁の効果でもう1つ注目したいのが、有害な化学物質の吸着分解作用です。ぬり壁の塗材だけでなく、下地となる石こうボードにもこだわり、シックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒドを低減させます。


quality_nurikabe_01

珪藻土よりも優れた調湿性能。

スモリの家で使用しているぬり壁の塗材「シルキーパレット」は、優れた調湿性能があります。その吸放湿量は、アルカリ系珪藻土建材の約2倍。ぬり壁が自律的に呼吸しているため、調湿機能を半永久的に発揮して、部屋の結露と結露によって発生するカビ・ダニの発生を抑制します。また、塗材自体にアレルギーの原因となるカビの繁殖を抑制する防カビ性があり、塗装後の臭いもほとんど発生しません。


quality_nurikabe_02

シックハウス症候群のリスクを低減。

ぬり壁塗材「シルキーパレット」と、その下地となる石こうボード「タイガーハイクリンボード」には、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを吸着・分解して低減させる機能があります。建材から発生する化学物質による室内空気汚染を回避し、健やかな空気を保ちます。

quality_nurikabe_03
Q

ぬり壁が目にやさしいといわれる理由は何ですか?

A

壁の仕上げとしてよく使われるクロスですが、クロスはビニール製のものが一般的で、光を反射する素材です。この反射のせいで目がチカチカして、疲れを起こすことがあります。それに対してぬり壁は光の反射が非常にやわらかいため、目にもやさしく感じられます。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 銀我パネル

  • 面状耐力構造(六面体構造)

  • ぬり壁の効果

  • 基礎

社長 須森 明 の想い

スモリの家のことを正しく伝えるための「三カ条」があります。

社長イラスト