丸みのあるデザイン丸みのあるデザイン
HOME > スモリのクオリティ > 丸みのあるデザイン
quality_marumi_main

触ってやさしく、痛くない。多機能を併せ持つデザイン。

スモリの家の中に入ると、何となくやさしい、やわらかい、という印象を受けます。その理由のひとつは、壁やドアなどが丸みのあるデザインになっていることが挙げられるでしょう。角のない丸みのあるデザインは、触ってやさしく、ぶつかっても大きなケガをしないようにという考えによるもので、スモリの家のデザインのシンボルになっています。さらに家の中の丸みの効果は、ケガの予防だけにとどまりません。ドアの断熱性や開け閉めの性能を高めたり、家の荷重を分散させたり、家をつくる職人さんの作業効率を高めたり…。スモリの家のあちこちで、丸いかたちがさまざまな力を発揮しています。


見て触れてやさしい、安心のかたち。

ふとした瞬間に手や足が触れる、角の丸いドアや壁。その手ざわりはソフトで、小さな子どもがつかまり歩きをしても安心。たとえぶつかっても大きなケガになりにくい、やさしいかたちをしています。無意識のうちに目にする室内の丸いラインも、心を穏やかにする効果を担ってくれます。

quality_marumi_01

高性能のオリジナルRドア。

スモリの家の室内には、丸みを帯びたオリジナルのRドアを標準採用。ドアの丸みの部分が空気の抵抗を受け、ふわりとしたやさしい開け閉めが可能になります。まだドアの内部には断熱材が入っているため冷暖房の効きがよくなり、光熱費の節約にも貢献します。角は丸く、触れてやさしいデザインです。

quality_marumi_02

強い力を分散する。

四角いかたちに強い力を加えた場合、縦部分は縦の力に、横部分は横の力に、それぞれ弱いことが知られています。しかし丸いかたちは、縦横斜め、全ての力を均等に受け止めることができます。スモリの家の下がり壁も、丸みを帯びることで力が分散され、強い力が加わっても亀裂が入りづらくなっています。

quality_marumi_03

職人さんにもやさしい。

丸みのあるデザインは、ぬり壁を塗る左官職人さんにもやさしいかたちです。実は丸みのある壁は、角のある壁よりも塗材を塗りやすいという特徴があります。職人さんが塗りやすいかたちにつくることで作業の効率性がアップし、より短い工期でお施主様に新しい家をお引渡しすることができます。

quality_marumi_04

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 面状耐力構造(六面体構造)

  • 耐震実験

  • バリアフリー

社長 須森 明 の想い

スモリの家における責任は、すべて私が負う覚悟です。

社長イラスト