スモリボイス!スモリボイス!
HOME > スモリボイス! > 高橋 敏則
voice_takahashi_main
  • マネジメントスタッフ
  • 利府展示場担当
  • (利府ハウジングギャラリー総合展示場)
  • 高橋 敏則
  • Toshinori Takahashi
  • 【平成24年入社】

お客様のために汗を流し、快適な家をつくります。

職人さんからも選ばれる魅力のある家。

 私は大学院で法律を学んでいる頃から、将来は不動産関係の仕事に就きたいと思っていました。現在はスモリの家の販売に携わる中で、土地のご案内や売買契約など、法律の知識を活かした業務も任せてもらっています。
 スモリの家に入社を決めたのは、企業研究をしていく中で、建物の構造が非常に強く、自信を持ってお客様におすすめできる家だと感じたからです。またスモリの家の現場で働く職人さんが、ご自宅を建てる時にスモリの家を選ぶと知ったのも決め手のひとつでした。現場の第一線でいろいろ見てきた職人さんから選ばれるという点からも、スモリの家の性能は素晴らしいと強く感じました。
 現在は、週末になると利府展示場でお客様のご案内をさせていただいています。展示場にいらっしゃるお客様は、実際にスモリの家で建てたお客様からのクチコミや、建物の性能の良さを知って来場される方が多いです。特に利府展示場は客層が幅広く、仙台近郊から県北まで広範囲のお客様がたくさんいらしてくださいます。

voice_takahashi_02
voice_takahashi_01

マメに動いてお客様のご要望にお応えします。

 この仕事の一番の喜びは「スモリの家で建ててよかった、ありがとう」とお客様に感謝していただけることです。家を建てるには、はじめてお客様とお会いしてからお引渡しまで1年以上かかります。その間、お客様はどんなことを実現させたいのか、今何を心配されているのかなどを細やかにお聞きし、ベストなかたちで実現することが大切だと思います。
 そのために私が実践しているのが、お客様に対して丁寧・誠実に対応することと「マメに動く」ことです。ちょっとした説明や資料の送付などは、電話や郵便での対応で済むのかもしれません。しかし私は実際にお客様のもとに足を運んで直接お話をする機会を増やし、電話では分からない微妙なニュアンスなども的確に把握することを心がけています。
 こうした対応をお客様が評価してくださり、新たなお客様のご紹介をいただくこともあります。「高橋さんに良くしてもらったから、新しく家を建てたい人を紹介しますね」とお客様に言われた時は、スモリの家はもちろん私自身を信頼してくださったと感じ、大変うれしかったです。これからも丁寧・誠実な対応を心がけ、お客様の住まいづくりを全力でサポートしていきたいと思います。

voice_takahashi_01

社長 須森 明 の想い

毎週火曜、営業社員が職人さんから家づくりの技を学んでいます。

社長イラスト