ヒートショックの予防ヒートショックの予防
HOME > スモリのクオリティ > ヒートショックの予防
quality_heatshock_main

室温を一定に保ち、ヒートショックによる事故を防ぐ。

寒い冬の夜、脱衣所で鳥肌を立てながら衣服をぬぎ、熱い湯船につかる。その瞬間はとても気持ちよいものですが、この行為は実は体に大きな負担をかけています。寒い場所で衣服を脱いだり熱いお湯に入ると血圧は急激に上昇し、体が温まったりお風呂からあがったりすると血圧は急激に下降。この急激な血圧の変動はヒートショックと呼ばれ、脳梗塞や心筋梗塞、脳貧血などを引き起こす原因になるのです。ヒートショックを起こさない一番の方法は、どの部屋も温度が一定に保たれていること。スモリの家は光熱費コストを抑えた24時間全館暖房のシステムを取り入れており、廊下も脱衣所も、お風呂も寒くありません。


quality_heatshock_01

意外に多い家庭内の入浴事故。

冬は入浴中の死亡者数が多くなり、その主な原因は、ヒートショックが引き起こす脳梗塞や心筋梗塞などといわれています。家庭内の入浴中の死亡者数は、交通事故による死亡者数より多いというデータもあるため、「ヒートショックしづらい家づくり」は、健康的に暮らす住まいの大切な要素のひとつと捉えられています。

Q

スモリの家のような高気密・高断熱住宅が、家族の健康や環境にもやさしいと言われるのはなぜですか?

A

高気密・高断熱住宅の役割のひとつは、結露を防ぐこと。結露は、ぜんそくやアレルギーの原因となるカビやダニを発生させます。また、家の内部を腐らせ建て替えのスピードを早めます。結露を抑えることは、家族の健康を守り、長寿命で環境にやさしい住まいの維持につながるのです。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 耐震実験

  • レンガタイル

  • ダブル換気システム(壁内・室内換気)

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、世界に通用する家づくりに挑戦します。

社長イラスト