軟骨構造軟骨構造
HOME > スモリのクオリティ > 軟骨構造
quality_nankotsu_main

地震の力を分散させる柔軟な構造。

地震に対して、単に柱を太くして強い構造にしただけでは、弱い部分に力が集中する「しわ寄せ」現象が発生してしまいます。スモリの家では、銀我パネルが挟み込まれる柱の溝の部分に、車のフロントガラスにも使われるEPDM製のゴムパッキンを入れ、まるで軟骨のように揺れの衝撃を分散、吸収する構造を開発。この画期的な技術で、特許を取得しました。

quality_nankotsu_01


柱の溝に設けた気密パッキンが鍵。

柱に設けられた溝に挟み込むEPDM製ゴムパッキンのメリットは、地震の揺れを分散させる役割だけにとどまりません。ゴムパッキンの部分に銀我パネルを挟み込むと、気密性が格段にアップする仕組みなのです。EPDM製ゴムは耐老化性、耐候性が高いため、長期に渡りゴムが劣化するということはほとんどありません。

quality_nankotsu_02

Q

スモリの家が東北の木で家をつくることにこだわる理由は何ですか?

A

スモリの家は、地元の木を地元の家づくりに役立てる「林業の循環」、さらに森の職人さんもお施主様も、全ての人々にとって「しあわせの循環」となる家づくりを目指しています。また、その土地に育った木は、その土地の気候に耐える力があると言われていることも、東北の木で家をつくる大きな理由のひとつです。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • レンガタイル

  • 耐震実験

  • スモリ工法

  • 高断熱樹脂サッシ

社長 須森 明 の想い

子どもの頃の「家を建てたい」という気持ちが、最初の原動力です。

社長イラスト