断熱材

断熱材断熱材
HOME > スモリのクオリティ > 断熱材
スモリの家 断熱材

燃えにくく「冷や汗(結露)をかかない」家づくり。

quality_insulation_table

外気温の影響をやわらげ、室内温度を一定に保つ役割を果たす「断熱材」は、大きく繊維系(グラスウール等)と発泡系(プラスチック等)に分けられ、コスト等の観点から結露を起こしやすい「繊維系断熱材」が未だ多く使われています。

スモリの家は、いち早く断熱と防湿に優れた発泡系断熱材を導入してきました。現在は断熱性と防湿性に加え超難燃性の特徴を持つ「サーマックス®」を採用しています。この断熱材は、スモリの家がモットーとしている「快適で安全な家づくり」に欠かせない断熱材です。

スモリの家では、Ziegel(ツィーゲル)に厚さ50㎜、Gluck(グリュック)に厚さ40㎜の「サーマックス®」を採用。

断熱材の厚さで断熱性能を高める住宅メーカーもありますが、コストをかけ断熱材を厚くしても熱移動をゼロにすることはできません。スモリの家は、断熱材だけでなくアルミの輻射や壁内通気層などの複合技術により、高い断熱性能を低コストで実現しています。

  • スモリの家 断熱材

    水を吸水せず、水蒸気透過もない発泡系の断熱材なら「壁内結露」が起こる心配がぐっと減ります。

  • スモリの家 断熱材

    断熱材は住宅全体に隙間なく施工することで性能を発揮できます。これを不燃材料とすることで、住宅の安全性をさらに高めています。

サーマックス®の特長

スモリの家で使用している「サーマックス®SW-GS」は、さまざまな実験を重ね「イノアック社」と共同開発したものです。高性能のサーマックス®に、さらなる改良を加え「断熱性・防湿性・難燃性・面材強度」を向上させました。

1.熱を伝えにくい

サーマックス®は完全に独立した「微細な気泡」で構成されています。これにより、熱移動の3要素(伝導、放射、対流)をいずれも小さく抑えることができ、優れた断熱性を発揮します。

2.優れた断熱性能

断熱材は、建物の一部となって性能を高めるものです。サーマックス®は、熱伝導率: 0.021 (W/m・k) と高い断熱性を持ち、水をよせつけず、水蒸気透過もなく、断熱性能はほとんど変わりません。進化した「サーマックス®SW-GS」は、表面にアルミ箔樹脂補強面材を用いることで、断熱効果をさらに高めました。

3.冷暖房のエネルギー消費を抑える効果

サーマックス®の持つ「熱を伝えにくい特長」は、冬の寒さはもちろんのこと、暑さにも有効です。また温度を一定に保つことで、冷暖房のエネルギー消費を抑える効果があります。表裏にアルミ面材を一体成型しており、輻射熱(ふくしゃねつ)の出入りを妨げる遮熱効果を高めています。

4.水を吸収しない

サーマックス®は、表裏に「アルミ面材」を一体成型しており、コア材が完全独立気泡構造となっているため、毛細管現象や連続気泡による「吸水」を起こしません。水中に浸漬しても、膨潤したり、軟化、変形、変質することがありません。

5.超難燃性

サーマックス®は国土交通大臣より「不燃材料」としての認定を受けた超難燃の断熱材です。イソシアヌレート構造により、表面に炭化層が形成され、内部への炎の侵入を防止。1200℃のバーナーによる5分間の燃焼でも形状を維持します。さらに、「サーマックス®SW-GS」にはガラス繊維をプラスして、より優れた難燃性を実現させました。

断熱性能の比較

サーマックス®は、ほかの断熱材と比べても高い断熱性能を持っています。

断熱性能 比較

断熱材の吸水量の比較

断熱材を水に浸し、21日間水中浸漬した後の吸水率の比較を行いました。

吸水率 比較

Q

高気密・高断熱住宅が、家族の健康や環境にもやさしいと言われるのはなぜですか?

A

高気密・高断熱住宅の役割のひとつが「結露を発生しにくくすること」です。結露は、ぜんそくやアレルギーの原因となるカビやダニを発生させます。また家の内部を腐らせ、建て替えのスピードも早めます。結露を抑えることは、家族の健康を守り、長寿命で環境にやさしい住まいの維持につながるのです。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • スモリ工法

  • 特許 ビス釘

  • 太陽光発電を標準装備

  • バリアフリー

社長 須森 明 の想い

私の数々の発明は、お金稼ぎの手段ではありません。

社長イラスト