地震に強い頑丈な土台

地震に強い頑丈な土台地震に強い頑丈な土台
HOME > スモリのクオリティ > 地震に強い頑丈な土台
スモリの家 土台

1mの正方形で細かく構成する、頑丈な構造。

安定性に優れたベタ基礎の上に、頑丈に作るスモリの家の「土台構造」の特徴。それは、床を支える土台と大引を「最大でも1m間隔の細かい格子状に組み、さらに24㎜厚の構造用合板で支える」というところにあります。

この構造により、家全体の耐久性が増し、地震が起きてもねじれにくく、優れた水平強度を発揮。たとえば「ピアノや蓄熱式電気暖房器具」を置く場合、一般の住宅では「床面の補強」が必要な場合があります。でもスモリの家の土台は、補強せずとも余裕で設置できる頑丈さを誇っています。

また、構造材は全てプレカット工場で精密に加工され、現場で職人さんがノミやカンナを使うことはありません。このおかげで、現場での作業時間の短縮と品質の均一化が図られます。


スモリの家 土台

土台・大引には「防腐防蟻処理」の集成材を使用。

スモリの家は、1階外周の柱と、土台、大引に「乾式加圧注入式による防腐防蟻処理」が施された集成材を使用しています。

加圧注入処理とは、集成材を注薬管と呼ばれる釜に入れ、高い圧力をかけながら防腐防蟻の薬剤を集成材内部に深く浸透させる方法。修正祭の保存処理方法の中では「最も効果が高い」といわれています。加圧注入を施すと、集成材の表面から数cm内部まで薬剤が浸透するので、長期間の耐久性が期待できます。

また乾式のため集成材の含水率が上がることもなく、長期間にわたり地震やシロアリからしっかりと家を守ることができます。

Q

スモリの家が東北の木で家をつくることにこだわる理由は何ですか?

A

スモリの家は、地元の木を地元の家づくりに役立てる「林業の循環」、さらに森の職人さんもお施主様も、全ての人々にとって「しあわせの循環」となる家づくりを目指しています。また、その土地に育った木は、その土地の気候に耐える力があると言われていることも、東北の木で家をつくる大きな理由のひとつです。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • レンガタイル(耐候・耐熱・耐火)

  • 断熱材

  • 品質にこだわった地元の木材

  • 特許 銀我パネル

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、東日本大震災でも高い耐震性能が確認されました。

社長イラスト