HOME > スモリのクオリティ > 釘
quality_kugi_main

家を長持ちさせる、小さな釘の大きな工夫。

屋根や壁に床など、家を建てる時至るところに使われる釘。スモリの家で使われるすべての釘は、スモリ特注のオリジナル「ビス釘」を使用しています。釘の表面に、途中かららせん状の溝をつけたビス釘は、打つ時は釘のように打ち込め、抜く時はねじのように回して抜けます。つまり、打つのも抜くのもとても簡単。どちらも手早く作業できるため、時間や労力などのコストを抑えることができるのです。また、将来家を移築・増改築したりする時に、ビスのように釘が抜けるため建物のダメージを最小限に抑えることもできます。釘は小さなパーツですが、その微細な部分にも、スモリの家が大切にする「丈夫で長持ち」の精神が息づいています。

quality_kugi_02

打つ時は、釘と同様素早く打ち込め、ビスのようにガッチリ止まります。

quality_kugi_03

抜く時は、ビスのように回転させて抜くので木材へのダメージもわずかです。

quality_kugi_04

一般的な住宅で使用される釘は、表面の溝が施されていません。

Q

この特殊な釘の形状を見てみたいのですが、見られる場所はありますか?

A

仙台市宮城野区にあるスモリの体験型住宅展示施設「ハウス・スタジアム」で展示しています。ビス釘の展示だけでなく、耐震や耐風、耐火など家の強度を調べるさまざまな実験をしており、一般のお客様もさまざまな実験を体験していただけます。

PICK UP SUMORI QUALITY

  • 軟骨構造

  • 断熱材

  • 高断熱樹脂サッシ

  • ルーフィング

社長 須森 明 の想い

スモリの家は、現場の環境に配慮して建て方が1日で終わります。

社長イラスト